工業系大学の主な付属高校

芝浦工業大学、東京都市大学(旧武蔵工業大学)、東京電機大学、工学院大学の4大学は理工系単科大学(最近は組織改編されてきて、単科大学とは言い切れませんが)として根強い人気のある大学です。大学卒業後の出口まで考えると、理工系大学出身者への求人は多く、会社や役所内での最高位への出世(社長や事務次官等)はできないかもしれませんが、職に困らない大学の学部であるのは間違いないです。つまり相変わらず理系は就職に強いです。ぜひ参考にご検討してみてください。

この4大学にも、系列の高校があり、大学への優先入学制度があります。東京都には芝浦工業大学附属高等学校(江東区)、東京都市大学付属高等学校(世田谷区)、東京都市大学  高等学校(世田谷区)、東京電機大学高等学校(小金井市)、工学院大学附属高等学校(八王子市)があります。また通学圏内としては、芝浦工業大学柏高等学校(千葉県柏市)、東京都市大学大倉山高等学校(神奈川県横浜市)もあります。

芝浦工業大学附属高等学校(東京都江東区)

高校からの入学生のほとんどは、系列大学または他の理工系大学へ進学する。推薦入試では理科と数学の内申点を重視した基準(英語と数学と理科の3科で12以上)が示されたり、適性検査では数学の学力を検査されます。一般入試でも数学の学力が重視されます。板橋区から江東区に移転して日が浅く、男女共学化そしてきれいな最新の校舎ということもあり、今後も人気を維持していく学校かと思われます。最寄り駅はゆりかもめ、新豊洲駅から徒歩1分、地下鉄豊洲駅からでも徒歩7分です。卒業生(合併前ですが、ミュージシャンの鈴木雅之さんや田代まさしさんがいます。)

芝浦工業大学柏高等学校(千葉県柏市)

千葉県内の上位の進学校として印象の強い学校であり、芝浦工業大学への推薦入学の制度はありますが利用者は少数です。卒業生は文系も含めて多種多様な大学へ進学しています。卒業生にはプロ野球で投手として活躍した小宮山悟さんがいます。最寄り駅は柏か新柏の駅ですが、駅からバスでないと通学は厳しい環境です。(スクールバスあり)

東京都市大学付属高等学校(東京都世田谷区)

完全中高一貫教育のため高等学校からの募集はありません。男子校です。卒業生の半数近くが系列大学へ進学しますが、文系も含めて多様な大学へ進学する卒業生が多いです。この学校は、昭和の時代からいわゆる半付属化の教育を行っており、進学実績も好調です。最寄り駅は小田急線の成城学園駅です。徒歩10分ですが、学校の目の前にバス停もあります。卒業生には映画監督の周防正行さんがいます。

東京都市大学等々力高等学校(東京都世田谷区)

かつての東横学園高校です。東横学園女子短期大学が武蔵工業大学への統合となり、現在に至っています。現在は共学化されています。高校からの入学も可能ですが、中学校からの生徒とは別コースとなります。卒業生の一部は東京都都市大学に進学しますが、多くは他の大学へ進学する半付属化の学校です。最寄り駅は東急大井町線の等々力駅もしくは尾山台駅から徒歩で10分程度です。

〇東京電機大学高等学校(東京都小金井市)

東京電機大学の系列の高校です。ここ最近は東京電機大学には推薦で60名程度(卒業生の2~3割程度)が進学しているようですが、7割程度は他大学に進学する。また男子は理系大学の進学者が多いのも特徴である。その昔文京区にあった男子校時代は卒業生の多くが系列大学に進学していましたが、小金井移り、男女共学化や中学校を併設してから、いわゆる半付属化して現在に至っている学校です。最寄り駅はJR中央線の東小金井駅で駅からすぐに場所にあります。卒業生にはUFO研究家の矢追純一さんがいます。

工学院大学附属高等学校(東京都八王子市)

工学院大学の付属校として人気の学校です。学校側は系列大学進学にとらわれない多様な進路指導を行っていますが、卒業生の60名程度は工学院大学へ進学しています。最寄り駅は八王子駅もしくは拝島駅ですが、そこからバスでないといけない場所にあります。かつては工業科のある男子校で、卒業生の半数近くが系列大学に進学していた時代もありましたが、現在では共学化し中学校も併設され、進学校として姿を変えています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。