法政大学の付属を狙うなら・・

法政大学の付属高校をご存じですか。

東京都には法政大学高等学校という学校が武蔵野市にあります。男女共学の学校で、中学校も併設されています。最寄り駅は井の頭線の井の頭駅から歩いて12分の場所にあります。

また、神奈川県ですが、川崎市中原区には法政大学第二高等学校があります。こちらも男女共学の学校で、中学校も併設されています。最寄り駅は東急線、JR線の武蔵小杉駅から歩いて10分程度の場所です。

同じく神奈川県横浜市鶴見区には、法政大学国際高等学校があります。こちらは、高校のみです。最寄り駅は、京浜急行の生麦駅から歩いて5分程度の場所にあります。

どの学校も、東京都から通学しようと思えば通学できるのですが、法政大学の付属高校に入学するには独特の入試の特色を早期に捉え、入りたい人は内申点を高くとるように努力する、内申点をとるのが苦手な人はあきらめるか、第二高校と国際高校の学科試験に的をしぼったほうがいいです。具体的には以下に書きます。

法政大学高等学校

この学校の入試は、推薦入試と一般入試で行われます。推薦入試は、9科38以上で適性検査や面接等で実施されます。これはよくある推薦入試です。しかしながら、この学校の一般入試では、内申点ごとに当日の筆記テストの得点に加点されます具体的には9科32以上35以下は10点加点、9科36以上39以下は20点加点、9科40点以上は30点加点されるのです。これは結構大きいです。また、推薦入試不合格者については、更に20点加点されますので、最大で50点加点されて受験している人もいます。つまり、法政大学高校を志望する人は、中学校で内申点を稼いでおかないと、合格可能性は極めて低くなるシステムであることを理解する必要があるのです。偏差値は低いけど、内申点だけはばっちり取れています!という中学生にはありがたい学校です。なぜならMARCH以上の付属のほとんどは、一般入試においては当日の実力勝負でシビアな戦いをする学校がほとんどだからです。一般入試に内申点による加点を、それも最大で30点もするなんていうMARCHの付属高校はまずありません。逆に、内申点は低いけど、偏差値はそれなりにある人は、ここの入試は避けるべきでしょう。どうしても法政大学・・という人は神奈川県の法政大学の付属の一般入試を受験するか・・・大学から法政大学に入学したほうがいいです。

法政大学第二高等学校

ここの入試は、書類選考と学科試験に分かれています。しかし、募集数は書類選考270名、学科試験125名(帰国生含む)なので、圧倒的に書類選考が多いです。書類選考とはその名の通り、中学校から提出される内申点を中心に、書類のみで合否が決まるのです。もちろん中学校との入試相談はありますが・・・。実質、単願推薦のようなものです。書類選考の基準などは年度によって違うそうですが、最低9科38点は必要で、ボーダーラインは40点前後になっているようです。ただ、東京の法政大学高校と違う点は、加点なしの純粋な学科試験の枠は一応あるということです。枠は少数なので、毎年高倍率の激戦が繰り広げられているようです。偏差値は66程度ないと合格は見込めないようです。

法政大学国際高等学校

ここの入試も、法政大学第二高等学校と同じで、書類選考と学科試験に分かれています。募集数は、書類選考が210名に対して、学科試験が80名です。こちらも圧倒的多数が書類選考という名の単願推薦で合格してしまします。内申点は法政二高とほぼ同程度は取っていないと合格できないようです。学科試験についてですが、こちらは実施方法が3種類に分かれていて、いわゆる普通の国語、算数、英語の入試をやるのは、80名の募集中の50名です。激戦の入試が繰り広げられています。偏差値65程度ないと合格は見込めないでしょう。また、残りの2種類は、思考力入試が10名、IB入試が20名と・・・思いっきり独特です。思考力入試は、論述試験、英語能力証明、面接試験です。IB入試は、日本語小論文、英語小論文、英語面接、数学能力適正検査、自己㏚カード、英語技能証明です。普通に受験勉強していたのでは・・・受かりません。

総評

はっきり言って、MARCHの付属高校で、内申点を重視しすぎた選抜をやっているのは、この法政大学の付属だけです。これは、昭和の頃から伝統的に行っている法政大学の付属の入試スタイルで、変わりそうにないように思います。かつて(法政一高時代)は生徒会や部活動による一般入試への加点もありましたが・・・。個人的には内申点ばかりよくて偏差値の低い生徒が穴場として法政大学の付属に大量に入学しているように思われますが(実際に、知り合いの要領のいい内申稼ぎタイプが他の付属は不合格なのに法政には受かってました。)・・・。それはさておいて、内申点をとるのが得意な方は、法政大学第二高校もしくは法政大学国際高校の書類選考を出願するのが安全です。法政大学高校の場合は推薦入試で適性検査があるので・・・。ただ、法政大学高校は、推薦入試で落ちるかもしれませんが、一般入試でも内申点による加点があるので・・やっぱり内申点あると有利です。(推薦入試不合格者はそれだけで、20点の加点があるようです。)ご自慢の内申点を武器に頑張ってください!内申をとるのが苦手・・・もしくは自らの主義主張に反する人・・・こういう人は、法政大学の付属はあきらめましょう!どうしてもなら、第二高校と国際高校の一般入試を受験して、武蔵野市の法政大学高校を受験するのは避けましょう!それしか道はないです。一般入試の枠の大きい、明治大学付属中野高校や中央大学附属高校を受験するか、MARCHの付属は避けて、成蹊高校、成城学園高校、明治学院、明治学院東村山あたりを受験することをお勧めします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。